スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一喜一憂

昨日、久々の瞑想で不思議な感覚を得た、という記事を書きました。

どのような感覚かといいますと、



瞑想中に「すごい高揚感と幸福感に包まれる」という感覚です。



これって瞑想の本などにときたま書かれているような感覚だと思うんですよね。


それで、これはもしかして覚醒したのか? これで願望が叶いそうだ!! って喜んでしまったんです。



でも、どうやら肩すかしのようでした。

今朝起きたらいつものように不安感がおそってきてしまいましたし、特になにも変わらない日常でした。


ちょっとため息がでてしまいました。

なかなか本願が叶わないと、ちょっとした誘惑で一喜一憂してしまいます。



私がときどき読ませていただいているバキュさんのブログには、道元の言葉として、

「座禅中に、神や如来や菩薩が現れたら、想像の中で槍を持って突き殺せ」と説き
座禅や瞑想によって起こる神秘体験に引き込まれ、こだわりを持つ事を厳しく諌めました。」

とお書きになっていますが、今はまさにそんな心境です。


やれやれです。

スポンサーサイト

瞑想で覚醒か?

今日、もう何年もやってなかった瞑想というのをやってみました。

学生のころの一時期、瞑想というのに凝ったことがあって

当時は週に何度も瞑想したりしていたんですが、

就職してからは忙しいこともあってすっかりやめていました。


もう忘れてしまうほど、ほんとにすごく久しぶりの瞑想だったんですけど、

昔やってたころには一度も感じたことのない感覚を得ました。


ちょっと自分でもその感覚がどういうものか上手く整理できてないので、

もう少し整理できたら書こうと思います。

小保方さんと引き寄せの法則

いま話題の小保方さん。

STAP細胞の論文を発表したとき確かこんなことをおっしゃってました。




「最初はSTAP細胞ができることを誰も信じてくれませんでした。」

「ネイチャー誌に初めて論文を投稿したとき、選考者の一人から、あなたは科学を冒涜しているといわれました。」

「それでもSTAP細胞があると信じて研究を続けましたが、なかなか上手くいかず、もうどうしようもなくなって諦めようとしたことも度々ありました。」

「でも、もうだめだって諦めかけたとき、必ず誰かが助けてくれました。」

「理研の方が私の研究を認めて援助してくださり、再度ネイチャー誌にSTAP細胞の論文を載せてもらえるようになりました。」




この話をテレビで聞いたとき、私は、これって「引き寄せの法則」が働いているんじゃないの?って思いました。

論文の内容とSTAP細胞の真偽について私は素人なので全くわかりません。

それに小保方さんが、引き寄せの法則をご存じかどうかもわかりません。



でも、やはり、「引き寄せの法則」というのは、良くも悪くも働くものなんだと。



いま小保方さんはどこにいてなにを考えているかわかりません。

でも、もし小保方さんの引き寄せ力がとても強いのであれば、今のような一見悪い状況になっていたとしても、誰かがSTAP細胞の再現実験に成功しSTAP細胞は本当だったということになるかも・・・・・。


個人的には、STAP細胞が本当にあれば難病の人の治療などに役立つみたいですし、「大騒ぎしたけどハッピーエンドになれてよかったね」ってなれそうでよいんですけど。

きっかけ

実は、最近、急にまたブログの記事を書き始めたのは、下の「引き寄せの教科書」という本の著者の方(奥平さん)のブログを読むようになったのきっかけなんです。


私の個人的な感想なんですけど、とっても平易な文章でとっても読みやすいし、内容もわかりやすいです。


去年の秋頃、天国への別れというとても悲しいことがあってから、引き寄せの法則が解らなくなり、かなり行き詰まっていたのですが、この方のブログを読み始めてから、少し心が癒されて、初心に帰れた気がします。




この本はブログの内容をもっと整理して読みやすくしてあると思いますので、考えすぎて引き寄せの法則がわからなくなった人にお勧めできると思います。

書くことの意義

引き寄せのための方法の一つとして、紙に書くというのがありますよね。

紙に書くのは、例えばお金持ちになるとか、復縁するとか、

車を手に入れるなどの願望についての内容ですけれど、

ここ数日、ブログの記事を書いていて気がついたことがあります。


先日から、良い音楽や歌を聴くことや、ポカポカ陽気のこと、

かわいい動物のことなどの記事を書いていますが、

記事を書き始める前と後では感情レベルが変化していることに気がつきました。


つまり記事を書く前は、モヤモヤした感じで感情レベルがいまいち

低かったのに、それらの記事を書いている途中から少しずつ

心が軽くなってきて、書き終わるころにはとても心が穏やかになったことです。


このことから書くというのは感情レベルと調整するのにも

とても役立つんだというのがわかりました。


これからもなるべく心が明るくなる記事を書いていければと思います。

プロフィール

Author:LOAぽた
FC2ブログへようこそ!

広告

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサードリンク

楽天

amazon

リンク

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
4486位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
633位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。